職場に馴染む方法

就職や転職、転勤など 新しい環境で仕事をする場合、同僚との心理的距離が問題になる場合があります。

職場の同僚とある程度親しくなり快適な職場環境を作るにはどうすれば良いでしょうか。

職場に馴染む方法

挨拶をする

挨拶はコミュニケーションの基本です。相手に向かって挨拶をすることはあなたの存在を認めていますという意思表示です。

毎回「おはようございます」「お先に失礼します」を言い続ければ、あなたの存在が強く意識されるようになります。たかが挨拶と馬鹿にせず 、毎回きちんと挨拶するようにしましょう。

名前を呼ぶ

名前を呼ぶことは相手との心理的距離を縮めます。「あの」とか「すみません」と言っても相手の意識を自分の方に向けさせることはできますが、それではいつまでたっても距離が開いたままです。

例えば相手の名前が田中さんであれば 、必ず言葉の頭に「田中さん」をつけるようにします。そうすることで名前を呼ばれた側は あなたのことを強く意識するようになります。自分の身に置き換えてみてください。誰かに呼ばれる時「すみません」と言われるよりも「○○さん」と呼ばれた方が嬉しくはありませんか?

プライベートなことを話す

どのような社交的な人間でも初対面の相手には多少の警戒をするものです。その警戒心を解くためにプライベートの話をする必要があります。

最初は天気の話など当たり障りがないものから始め 、趣味などの共通の話題を見つけてその話題に関する失敗談を話すようにします。そうすることで多くの人はあなたに親近感を抱くようになります。ただし、学歴や恋愛経験など自尊心に関わるデリケートな話題は避けるようにします。

相手を褒める

人は誰でも他人から褒められたいと思っています。相手のことをよく観察し良いところをさりげなく褒めるようにすれば、人はあなたに好意的に接するようになります。

ここで重要なのは「さりげなく」褒めるということです。本人が良いと思っていないのに無理やり褒めるようなことをすれば嫌味を言ってる様に聞こえるので留意が必要です。

感謝の気持ちを示す

人は自分の行為に感謝の気持ちを示して欲しいと思っています。相手から何かをされた時は「ありがとうございます」「助かりました」など感謝の気持ちを示すようにしましょう。

感謝の気持ちを示すタイミングがわからないという人もいるようですが難しく考える必要はありません。落ちているものを拾うなど相手のちょっとした行為に対してお礼の言葉を言えば良いのです。それだけで相手は良い気持ちになりあなたに好意的に接してくれるようになります。

笑顔を絶やさない

他人と良好な関係を築くには笑顔を絶やさないことも大切です。難しい顔をして仕事をしていると話しかけづらい雰囲気になり職場に馴染むことができません。

笑顔でいるということは「あなたを受け入れる」というサインでもあります。 笑えないほど仕事が忙しい時もありますが できるだけ笑顔を絶やさないようにしましょう。

人は海のものとも山のものともわからないものに警戒するものです。今回紹介した方法を用いて相手の警戒心を解き良好な関係を築きましょう。

シェアする

スポンサーリンク