挨拶をしても無視される

どこかの会社に就職すると最初に教えられるのが挨拶です。出社をした時には「おはようございます」退社する時には「お先に失礼します」を言うように指導されます。

ところがこちらから挨拶をしても挨拶が返ってこないことがあります。そのようなときどうのように対処すれば良いでしょうか。

挨拶をしない原因

シャイな人が多い

日本人はシャイな人が多いと思います。よく知らない人と挨拶することにためらいを感じるのです。本当は気分よく挨拶をしたいけど、恥ずかしくてできないのかもしれません。これは相手の心の問題なのでこちら側ではどうすることもできません。

仕事が忙しい

会社で働く人たちは皆それぞれ自分の仕事をしています。そのような状況の中で同僚に挨拶をするのを面倒くさいと考える人もいます。また、自分よりも下だと思っている相手のために仕事を中断して挨拶するのが嫌だと考える人もいるようです。

同僚から嫌われている

単にあなたが同僚から嫌われている可能性もあります。その場合は嫌われてしまった原因を分析し、どうすれば良好な関係が築けるか考える必要があります。

挨拶は必ずしよう

相手から挨拶を無視されても、「おはようございます」と「お先に失礼します」は必ずを言うようにしましょう。

「それが正しいことだから」とか「人間として最低限のマナーだ」と言っているのではありません。挨拶をしなければ人事考課に響くのです。

会社によっては「挨拶がきちんとできるかどうか」が、従業員を評価する基準の一つになっていることがあります。他の人が挨拶をしないからといってそれに引きずられると、しなくても良い損をすることになります。

また挨拶をしないでいると「あいつは新人のくせに生意気だ」とか「仕事が残っているのに勝手に帰るな」などと訳の分からない人から絡まれることがあるので、するべきことはしておきましょう。

シェアする

スポンサーリンク