バイアスによる判断の誤り

意思決定を行う際、間違えた判断をしてしまう要因として「バイアス」の存在があります。バイアスとは「考えや意見に偏りを生じさせるもの」のことです。

バイアスには幾つかの種類がありますが、今回はその中から代表的なものを紹介します。

バイアスの種類

錯誤相関

錯誤相関とは、2つの事象の間に実際には存在しない関係を見出すことを言います。

例えば、関西の出身者が面白い発言をするようすをテレビで繰り返し見ると、「関西人は面白い人が多い」と思い込む場合です。実際には、面白い人は少数派ですが、そのような錯覚を起こす人がいます。

自信過剰

自信過剰とは、自分の知識や判断を過剰に評価することを言います。

例えば、新しくはじめた事業がうまく行くかどうかわからないのに、過去の成功体験から「自分ならうまくやれる」と思い込む場合です。自信過剰な人は危機感がないため致命的な問題に気づかないことが往々にしてあります。

後知恵バイアス

後知恵バイアスとは、ある事象を振り返ったとき、その事象が前もって予測できていたかのように主張することを言います。

例えば、新しくはじめた事業が失敗したとき、「失敗することは最初からわかっていた」と主張するような場合です。いわゆる「後からなら何とでも言える」というもので各分野の評論家やコンサルタントが陥る罠です。

確証バイアス

確証バイアスとは、自分の考えや推測を支持する証拠だけを集める傾向をいいます。

例えば、「血液型がA型の人は几帳面で責任感が強い」という仮説を証明するために、自分の仮説を支持する証拠だけを集め、仮説を否定するような証拠を無視する場合です。学者の中にもこのバイアスにかかる人は多いと言われています。

対応バイアス

対応バイアスとは、行動から特定の人物の属性を推測する際、状況を考慮しないこと
言います。

例えば、電車内で老人に席を譲る高校生がいたとします。その行動だけを見れば、優しい人物だと推測できますが、隣にいた恋人に好かれるためにした行為かもしれません。

自己奉仕的バイアス

自己奉仕的バイアスとは、成功や失敗など自己評価に直接結びつくような事態において、その原因を自分の都合のよいように解釈することをいいます。

例えば、志望校の受験に合格した原因を「努力の結果だ」と考え、不合格になった原因を「体調不良のせいだ」と考えます。

自己批判的バイアス

自己批判的バイアスとは、自己奉仕的バイアスの反対の傾向をいいます。

例えば、志望校の受験に成功した原因を「運がよかった」と考え、失敗した原因を「努力が足りなかった」と考えます。

認知の限界

合理的な意思決定の妨げになるバイアスですが、このようなバイアスを簡単に取り除くことはできません。

また、すべてのバイアスを取り除いたとしても人間の認知能力には限界があるため意思決定の結果がうまく行くとは限りません。

しかし、思考の偏りを減らす努力をすることで無用なトラブルを避けることはできます。

シェアする

スポンサーリンク