知り合いから借金の申し込みをされた時の対処法

社会生活を送っていると家族や友人、知人などから借金の申し込みをされることがあります。

そのような時どのように対処すれば良いでしょうか。

お金に関する質問には答えない

知り合いに金を借りようとする人は事前に相手の資産状況を確認しようとします。「年収はいくら」だとか「貯金はあるのか」など、日常会話の中にお金の話を紛れ込ませ相手がどの程度の資産を持っているのか推測します。そのため、お金に関する質問には一切答えないようにします。

とにかく断る

たとえ少額でも借金の申し込みをされた時は必ず断るようにします。相手が親友でも恋人でも関係ありません。どうしてもお金が必要であれば知人に借金の申し込みをする前に金融機関を利用するはずです。相手に金融の知識がないのであればあなたが教えてあげても良いでしょう。

関係を断ち切る

借金の申し込みがしつこい場合は関係そのものを断ち切るようにします。既にいくらか貸しているなら、そのお金は授業料だと思って諦めましょう。

他人に平気で借金の申し込みが出来る人は借金をすることに罪悪感がないため、付き合いが続けばまた同じことの繰り返しになります。

現代社会において、お金は命の次に大切なものです。借金を申し込む人はあなたを財布としか思っていないためそのような人とはできるだけ関わらないようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク