「美味しいもの」を食べてストレスを解消する

現代はストレス社会と言われます。勉強や仕事、対人関係の悩みなどから辛い思いをして「うつ状態」になる人もいるようです。

ストレスを解消する方法には、さまざまなものがありますが今回はその方法の一つである「美味しいものを食べる」を紹介します。

食べるという行為

人間には基本的な欲求が3つあります。「食欲 睡眠欲 排泄欲」です。その中でも重要なのが食べることです。自分に不足している栄養素を体に取り込み健康を維持するのです。

食べる行為によって健康が維持されるとストレスが解消します。さらに美味しいものを食べればより多くの快楽が得られストレスが解消されやすくなります。

たまに食べるのがコツ

美味しいものをより美味しく感じるには、好きなものを「たまに食べる」ことが大切です。例えば、スーパーやコンビニで売ってる硬いアイスクリームを食べている人が、たまにソフトクリームを食べるとその美味しさに感動することがあります。

しかし、ソフトクリームを毎日食べていると次第に感動は薄れ、平凡な味に感じてしまいます。過ぎたるは猶及ばざるが如しで何事も程々が肝心です。

食べ過ぎに注意

食べ物でストレスが解消されるからといって、嫌なことがあるたびに何かを食べていては肥満の原因になります。見た目が変わるだけならまだ良いですが、糖尿病になると体にさまざまな不調が現れ地獄の日々を送らなければなりません。

そのため食べる量を意識的にコントロールし腹八分目で過ごす必要があります。他のストレス解消法と組み合わせることで食べ物依存から抜け出すようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク