経験不足を補う方法

世の中には特定の分野について詳しい人がいます。

しかし、知識ばかりで経験が伴わないと「机上の空論」などと馬鹿にされ他の人からあまり信用されません。

経験不足を補うにはどうすれば良いでしょうか。

経験不足を補うには

経験不足を補うには経験をするしかありません。そんなの当たり前じゃないかと思うかもしれませんかこれができていない人が意外と多いのです。多くの人は自分で直接経験することを避け、「SNS」「口コミサイト」などを用いて体験談を集めようとします。

体験談も有益な情報ではありますが、それはあくまでも「他人の経験」であり、そこからは実際に体験したときの感覚を読み取ることはできません。話題になっている人気店のラーメンの味を他人に尋ねても、実際に食べてみなければどんな味がするのかわからないのです。

こうしたことは仕事や恋愛にも当てはまります。どれだけ優れたアドバイスを受けても世の中には経験してみなければわからないことがあるのです。

経験がすべてではない

ドイツの政治家のオットー・フォン・ビスマルクの言葉に「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」があります。

これは一人の人間が経験できることはたかが知れているため、自分の経験だけに頼ると大きな間違いを犯しやすい。そのため物事をうまく進めるためには歴史から学ぶ必要があるという意味です。

この言葉を聞くと「ビスマルクは個人の経験などどうでも良いと思っている」と思う人がいますが、それは誤解です。過ちを減らすには「経験と知識の両方が大切だ」と言っているのです。つまりは他人から信用されるには知識だけでも経験だけでもダメということです。

何かを経験することは大切ではありますが、経験だけでは問題が解決できない場合もあります。知識と経験のバランスを考え適切な行動をとるようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク