他人が馬鹿に見える時の対処法

世の中には自分が優秀であるが故に他人がバカに見える人がいるようです。

馬鹿にされた側からすれば腹立たしい話ですが、馬鹿にした本人にとっては深刻な問題だと思います。

他人が馬鹿に見えた時どう対処すれば良いでしょうか。

能力には個人差がある

人の能力には個人差があります。「自分にはできるのになぜこの人にはできないのか」と感じることがありますが、あなたがどのように考えようとできない人はいるのです。

あなた自身のことを考えてみてください。あなたは優秀かもしれませんが、あらゆる分野において高い能力を発揮できるでしょうか。人間は全知全能ではないためそのようなことは不可能です。現実離れした考えは捨て事実を認めれば適切な行動がとれるようになります。

他人は変えられない

あなたがどれだけ望もうと他人を変えることはできません。世の中にいるすべての人間が自分の思い通りに動いてくれれば楽かもしれませんが、そのようなことは映画や漫画の世界でしか起きません。

そのため他人は変えられないという事実を認める必要があります。そうすることであなたが無能だと思っている人に怒りを感じることはなくなります。

変えられるのは自分だけ

結局、現実世界で変えられるのは自分の考え方だけです。

社会には無能な人と優秀な人が混在しており不条理がまかり通るという事実を認め、他人に過剰な期待をするのはやめましょう。そうすれば生きることが楽になります。

馬鹿な人の馬鹿な発言に噛み付くのは時間とエネルギーの無駄です。あなたにとって最善の道を探り有意義な人生を送りましょう。

シェアする

スポンサーリンク