同僚から学歴を聞かれたときの対処法

自分が大卒だと相手も同じだろうと考え出身大学を聞いてくる人がいます。学歴コンプレックスを持っている人にとっては非常に辛い質問です。

同僚からこのような質問をされたときどのように対処すれば良いでしょうか。

事実は変えられない

どのような事情があるにせよ、あなたが大学を出ていないのは事実です。そのことで質問した相手を責めることはできません。

出身大学を聞かれて大学には通っていないと発言するのは勇気のいることですが、それが事実なのですから仕方ありません。事実をありのままに認め本当のことを話すようにしましょう。

質問した人に悪気はない

多くの場合、他人に学歴を尋ねる人に悪気はありません。単なる興味本位であることがほとんどです。あなたをバカにしてやろうという意図はないと思います。したがって、学歴を聞いてきた相手を「デリカシーのない奴だ」などと思ってはいけません。

あなたは学歴を聞いてきた相手に「学歴コンプレックスを感じているのに出身大学を聞いてごめんね」と謝って欲しいのでしょうか?そのようなことを期待しても自分が惨めになるだけです。

大切なのは自分自身の受け止め方

学歴に限らず一度感じてしまったコンプレックスは簡単に消すことはできません。それでも事実をありのままに認め、前に進む必要があります。

自分に欠けていると思うことがあるなら勉強をすれば良いのです。年をとり知識や経験が増えると誰にどのようなことを言われても何も感じなくなります。

もしあなたが大学卒で 同僚に学歴を尋ねたくなったときは、学歴にコンプレックスを持っている人がいることを思い出して学歴に関する質問を避けるようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク