大卒の同僚と対等な関係を築くには

様々な事情から 大学に進学せず、高校あるいは中学を卒業して社会に出ることがあります。そうした人の中には学歴に強いコンプレックスを持ち、大学を卒業した同僚と対等な関係を築けない人もいます。

学歴コンプレックスから抜け出し他者と良好な関係を築くにはどうすれば良いでしょうか。

学校に通わなくても勉強はできる

よほど特殊な分野の知識でない限り大学で学べることは独学でも学べます。

特に情報化が進んだ現代ではネットワークを通して世界中の情報にアクセスすることができるためその気になればそこらの大卒者よりもかしこくなれます。

学校では教えてくれない勉強が重要

大学は各分野の専門知識を学ぶ場所であるため日々の暮らしに役立つ知識は身につきません。そのため社会に適応するには大学では学べない勉強を自ら行うことが大切です。

例えば自分が住んでいる地域の情報は大学では教えてくれません。仕事のコツも大学では学べませんしコミュニケーション能力も場数を踏んで身につけるしかありません。この点では大学卒よりも先に社会に出ている高卒・中卒の方が有利かもしれません。

大卒から見下されたときは

大卒者の中には自分が受験競争に勝ち残ったエリートという自負があり、高卒者や中卒を一段下に見る人がいます。これはその人の自然な感情なのでどうすることもできませんが、大切なのそのときあなたがどのような態度をとるかということです。

大卒者はある意味優秀ですが、彼らは勉強が得意だと言うだけで全ての事に秀でているわけではありません。あなたが負い目を感じる必要などないのです。彼らからバカにされたときは学校の勉強だけが自慢の可哀想な人と思ってやり過ごしましょう。

学歴コンプレックスは厄介な感情です。理屈では意味のないことだとわかっていてもどうしても気になってしまいます。ですが 本をたくさん読み様々な経験を積み重ねていけばやがて消えていく感情でもあります。それまではコンプレックスをバネにして自分を成長させましょう。

シェアする

スポンサーリンク