「目標設定」で集中力を高める

人生は有限であり1日は24時間しかありません。その制約の中で最大限の成果を出すには集中力の維持が欠かせません。

しかし中には勉強や仕事で集中力が続かなくて困っているという人もいるかと思います。

今回は集中力を高める方法の1つである「目標設定」を紹介します。

目標とは何か

目標とは、自分が到達したいと定めた場所や地点のことを言います。例えば、「毎日1キロ歩く」「3ヶ月で10キロ痩せる」「司法書士の試験に合格する」などの具体的なイメージが目標です。

目標設定は段階的に

目標設定は少し頑張れば実現するレベルにすると良いと思います。あまりに大きな目標を立ててしまうと途中でやる気が失われストレスを感じ集中できなくなります。

適切な目標設定をすることで「適度な達成感」を味わうことができ、さらに上を目指そうという気持ちになります。このようにして集中力を持続させ大きな目標を達成します。

現在地を確認する

集中力を高めるには、現在地の確認も重要です。困難な問題に取り組んでいると自分が何をしているのかわからなくなり混乱することがあるので、今いる場所を定期的に確認することで冷静さを取り戻す必要があります。

シェアする

スポンサーリンク