愚痴を言われたときの対処法

世の中には言っても仕方ないことを他人に話して自分の境遇を嘆く人がいます。

家族や友人にそのような人がいる場合、どのように対処すれば良いでしょうか。

アドバイスは無意味

まず愚痴を言う人に 真面目にアドバイスをしてはいけません。 不満を言ってもどうにもならないことは愚痴を言っている本人が一番よく良く理解しています。答えは自分の中に既に用意してあるのでアドバイスをしても意味がありません。

あなたがどのような解決策を考えようと「でも」や「だけど」を繰り返してすべてのアドバイスを否定します。 そのような人に関わるのは時間の無駄なので余計なことは言わないようにしましょう。

ただ話を聞いてもらいたい場合もある

これは女性に多いのですが、世の中には自分の話を聞いて欲しいと思っている人がいます。そのような人には反論せず意見に耳を傾け共感を示すようにしましょう。それだけで相手の機嫌はよくなります。

発言の矛盾をついて「あなたの考えは間違えている」と言うこともできますが、あまり賢いやり方とは言えません。

話を聞き流すということ

誰かの愚痴を聞くときは「聞き流す」ことも大切です。相手の話に感情移入せず発した言葉を 右から左へと受け流すのです。

「うんうん」とか「それで?」など時々相槌を打てば相手も話しやすくなります。その結果、あなたに好印象をもつようになり困った時に助けてくれるようになります。

誰かに愚痴を言う人は解決策を求めてはいません 。不満を言葉にすればそれだけで満足します。アドバイスを求められしても答えないようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク