仕事ができる人とできない人の違い

懸命に努力しているにも関わらず思うように成果が出ないことがあります。

そのような時どうすれば成果を出すことができるでしょうか。

成果を出す方法

計画する

仕事ができない人のほとんどは「自分がすべきことがなんであるか」を理解していません。つまりは、目標設定ができていないのです。そこでまず、自分にとってのゴール(目標)を立て、目標を実現する方法を考えます(計画)

実行する

自分がすべきことを明確にして計画を立てたら、次はその計画を実行に移します。 世の中には完璧な計画を立てるまで行動しない人がいますが、完璧な計画などというものは存在しないため、ある程度見通しを立てた段階で実行に移します。

評価する

計画を立て実行したら、次は結果を分析します。どのような計画も100%うまくいくことは稀なので、残された課題を書き出し整理します。

改善する

結果の分析が終われば最後に解決策を考えます。必要な情報を集めどうすれば課題を解決できるか検討し、具体的な解決策を書き出し実行します(改善)

これはPDCAサイクルと呼ばれる手法で多くの企業で用いられている業務改善の方法です。詳しく知りたい方は書店などで関連書籍を購入すると良いと思います。

仕事の能力は急には上がりません。今できることをしながら、焦らず段階的に能力を高めるようにしましょう。

関連

事務ミスを防ぐ方法

シェアする

スポンサーリンク