他人に干渉する人への対処法

世の中には特に親しいわけでもないのに家族構成や貯金額、恋愛遍歴などデリケートな話題に踏み込み頼んでもいないアドバイスをする人がいます。

あなたがオープンな性格であれば知りたがっている情報を伝え、役に立たないアドバイスを聞いてあげても良いでしょう。ですが、多くの人は余計なことに首を突っ込んでほしくないと感じていると思います。

他人に干渉する人と付き合わなければならない時どのように対処すれば良いでしょうか。

他人に干渉する理由

相手のことを知りたい

他人に干渉する人の中には、他人の存在に不安を感じている人がいます。その不安を解消するためプライベートな話題にまで踏み込み相手のことを知ろうとします。

影響を与えたい

他人に干渉する人の中には、他人に何らかの影響を与えたいと考える人がいます。個人情報を聞き出し頼まれてもいないアドバイスをするのは、相手からの尊敬と感謝を期待しているからです。

話のネタを探している

世の中には、他人の情報いち早く集め、それを吹聴することで仲間の注目を集めようとする人がいます。あなたの周りにも他人の家庭事情に詳しい噂好きの人がいるのではないでしょうか。

対処法

関係を絶つ

他人に干渉する人が不快であればその人との関係を断ち切るようにします。自分が不快だと感じている人と無理やり付き合う人はありません。周囲を見渡せば人間はいくらでもいるのでその中から気が合う人を探し新たな関係を築くようにします。

気持ちを伝える

触れられたくない話題を聞かれたときは「干渉してほしくない」と直接言っても良いかもしれません。すると相手は「あなたのことを思って言っている」と言いますが、本当に嫌なのであれば、嫌われることを覚悟で自分の考えをはっきりと伝えましょう。

嘘をつく

相手からの干渉をどうしも拒絶できない場合は、嘘をついてごまかすようにします。簡単にわかる嘘をつくとあとで問題になるので、相手が確かめようのない嘘を考え伝えるようにします。

話の内容が真実であれ嘘であれ、あなたの情報を聞いた相手は目的を達成し満足します。

親しき仲にも礼儀ありと言います。お互いに他人の人生に踏み込むのはやめ適度な距離感で接するようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク