対人関係とは何か

社会生活を送る上で欠かせないものの1つに「対人関係」があります。対人関係とは「社会・組織・集団などにおける人と人との関係。特に、個人と個人との心理面・感情面での関係」のことです。平たく言えば他人との付き合うことです。

対人関係がうまく行っているかどうかで、人生の難易度が変わってきます。これから対人関係の原理について説明して行きますが、今回は「何のために他人と付き合うのか」その目的について説明します。

対人関係の目的

他人と良好な関係を築く

対人関係が第一の目的は他人と良好な関係を築くことです。人はひとりでは生きてはいけません。快適な社会性格を送るためには他人と関わる必要があります。この目的を実現するためには人間の本質を理解しコミュニケーションの方法を学ぶ必要があります。

有益な他人を引き寄せる

対人関係の基本技術が身につけば次は自分にとって有益な他人を引き寄せる方法を考えます。具体的には有益な他人が集まる場に参加し自分の情報を積極的に発信するようにします。最終的には仕事や人生の問題を解決する独自のネットワークを作るようにします。

不快な人間を遠ざける

有益な人間を引き寄せるのと同じぐらい重要なのが「不快な人間を遠ざける」ことです。具体的には不快な人間が集まる場には近づかない。自分の情報を与えず、有害な人物との関係を断ち切るようにします。

人生は一度しかありせん。付き合う相手を慎重に選び有意義な時間を過ごしましょう。

シェアする

スポンサーリンク