問題解決に役立つ情報の集め方

問題解決をする上でまず最初にするべきことは、解決すべき問題を明らかにすることですが、その次に行わなければならないのが情報収集です。

情報という言葉にはさまざまな定義がありますが、ここで言う情報とは「問題解決に役立つ資料や知識」のことを言います。そのような情報を基に適切な判断を下し問題を解決します。

情報の集め方

情報の集め方には以下の方法があります。

文献を見る

文献とは、研究上の参考資料となる文書・書物などを言います。現代では書籍の他に新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなどから得られる情報も文献に含まれます。

話を聞く

文献を見ただけではわからない場合、その事柄に詳しい人から話を聞きます。話の聞き方にはインタビューやアンケートがあります。

体験する

体験とは、実際に自分の身をもって経験することを言います。そのとき対象をよく観察し文献を見たり話を聞くだけではわからない情報を手に入れます。

偽情報に気をつける

情報収集を行う上で問題になるのが偽情報の存在です。偽情報をつかまされないためには手にはいる情報を常に疑い、その情報の正確性(あるいは妥当性)を確認する必要があります。

シェアする

スポンサーリンク