会社を辞めて夢を追いかけたい

高校や大学を卒業し安定を求めどこかの会社に就職するのが一般的な人生のコースですが、平凡な毎日を過ごしていると「このまま人生を終えたくない」と思い子供の頃から憧れていた職業に就きたいと考えることがあると思います。

現在の安定した生活を捨てて夢を追いかけるべきでしょうか。

隣の芝生は青く見える

「憧れの職業に就きたい」これは誰でも一度は考えることです。しかし、多くの人は イメージだけで終わり、憧れの職業が実際どのようなものか調べようとはしません。あくまでもイメージですから、理想と現実の間にズレがある場合がほとんどです。

憧れの職業を目指すのであれば会社を辞める前にその職業についてよく調べる必要があります。自分が考えていたものとは違っていたと会社を辞めてから気づいてからでは遅いのです。一度レールから外れてしまえば 元に戻るのは大変なので決断は慎重に行う必要があります。

夢を追いかけるリスク

憧れの職業に就く上での最大のリスクとは何でしょうか。それはお金の問題です。憧れの職業が会社員でない場合、収入が不安定になる為、いつもお金の心配をしなくてはなりません。上手くいけば会社員時代よりも裕福な暮らしを送ることができますが、最初の数年は貧乏暮らしを覚悟する必要があります。

「年老いた両親に心配をかけたくない」「自分は結婚出来るのだろうか」など 様々な思いが頭をよぎりますが、憧れの職業を目指すのであれば リクスを引き受ける覚悟が必要です。

逃げ道を用意する

背水の陣という言葉がありますが、賢く生きるためには常に逃げ道を用意しておく必要があります。逃げるなんて格好悪いと思うかもしれませんがそれくらいのしたたかさがなければ厳しい現実を生き抜くことはできません。

憧れの職業を目指すと同時にその職業に関連する仕事で生計を立てるようにすれば働きながらスキルを身につけることができます。 憧れの職業の難易度が高ければ高いほどこのような施策が必要です。

人生は一度しかありません。どのような選択にするにしろ悔いのない人生を送って欲しいと思います。

シェアする

スポンサーリンク