自分の人生を惨めだと思ったときの対処法

何かうまくいかないことがあると自分の人生は失敗だったと考え惨めな気持ちになることがあります。

そのような気持ちになったとき、どのように対処すれば良いでしょうか。

惨めな人生とは

惨めを辞書で調べると「見ていられないほど哀れなこと。なんとも情けないことまたそのさま。 」という定義が出てきます。

つまり惨めな気持ちというのは現在の自分と他の何か比較することで生じる感情ということです。

惨めな気持ちになる原因

過去と現在を比べる

若い頃はスマートな体型で肌も綺麗だったのに今はストレスで食べ過ぎて太り気味だし、シワも増えてきた。そんな自分が哀れで情けない。

子供の頃は神童と言われたが中学高校と成績が落ちてきて三流大学を卒業し今は零細企業に勤めている。そんな自分が哀れで情けない 。

このように過去の自分と現在の自分を比べ惨めな気持ちになる人がいます。

他人と自分を比べる

裕福な家庭に生まれ育ったファッションモデルの女性が南の島のリゾートで楽しそうに過ごしている様子テレビで見た。自分が哀れで情けなく思う。

一流大学を卒業し若くして成功した起業家と零細企業で働く自分を比べると自分が哀れで情けなく思う。

このように他人と自分を比べ惨めな気持ちになる人がいます。

私たちにできること

人生は不公平です。遺伝と環境によってその人の社会的地位が決まります。これは運命だと思って諦めるしかありません。私たちにできるのは現実を直視し適切な行動をとることです。

今度惨めな気持ちになったときは、その気持ちに背を向けず真正面から観察するようにしましょう。そうすることであなたの惨めな気持ちを消すことができます。どのような感情も長くは続かないからです。

過去の自分や他人と比較するのをやめ未来に向けて歩いて行きましょう。

シェアする

スポンサーリンク