一流の人が謙虚である理由

よく一流の人は謙虚であると言われることがあります。

それはなぜでしょうか。

一流の人は自分の限界を知っている

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という諺があります。「稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだ」という意味です。

ソクラテスの「無知の知」も似たような意味で用いられます。彼らは自分の無知を自覚しているため謙虚でいることができるのです。

一流の人は偉ぶらない

一流の人は他人に対して傲慢な態度をとりません。なぜならその方が得をするからです。自分は優秀だと考え、偉そうな態度をとっていては周囲から恨まれ、無用な敵を作ることになります。

逆に腰の低い態度で誰とでも分け隔てなく接するようにすればそれだけ信頼されるようになります。そのような人物には誰もが協力を惜しみません。その結果、有益な情報が集まりやすくなり物事を有利に進めることができます。

傲慢な態度は実を滅ぼす

世の中には「自分だけが正しい」と考え、他人の考えを否定する人がいます。今までその方法で成功してきたため、相手の考えを尊重することができないのです。このような態度を取る人物からは、人は離れて行きます。

自信を持つことは悪いことではありませんが良い成果を出したければ一流の人を見習い慎重に行動しましょう。

シェアする

スポンサーリンク