「睡眠不足」を解消して集中力を高める

人生は有限であり1日は24時間しかありません。その制約の中で最大限の成果を出すには集中力の維持が欠かせません。

しかし中には勉強や仕事で集中力が続かなくて困っているという人もいるかと思います。

今回は集中力を高める方法の1つである「睡眠不足の解消法」を紹介します。

睡眠不足とは

1日に必要な睡眠時間は何時間でしょうか。これは研究者の間でも意見が分かれています。適切な睡眠時間は「7時間だ」という人もいれば、ショートスリーパーやロングスリーパーがいるように睡眠時間には個人差があるのだから7時間にこだわる必要はないと主張する人もいます。そのため、ここでは日中の活動に支障がでる範囲の睡眠を「睡眠不足」とします。

睡眠不足になるとどうなる

睡眠不足になると脳機能が低下し、物事に集中することができなくなります。1日中、頭がぼんやりしてしまい期待する成果を出すことができません。本を読んでも内容が頭に入ってきませんし、目の前の問題を解決する良いアイデアも浮かびません。

睡眠不足の解消法

睡眠不足の解消法は1つしかありません。それは「寝ること」です。当たり前のことを言うなと思うかもしれませんが、忙しい人はこの基本を忘れがちです。コーヒーや緑茶などカフェインの入った飲み物を飲んで勉強や仕事を続けようとします。しかし、そのようなことをするぐらいなら移動中の車内や仮眠室で15分ほど眠った方が効果的です。

シェアする

スポンサーリンク