他人の言動に一喜一憂しない方法

世の中には他人の言動に、腹を立てたり深く傷ついたりする人がいます。

ひどいときには、うつ状態になり、社会生活に支障が出る場合があります。

他人の評価に一喜一憂しないためにはどうすれば良いでしょうか。

他人を変えることはできない

あなたが相手に何を求めようと、他人を変えることはできません。

あなたにはあなたの考え方があるように、他人には他人の考え方があります。その考え方をあなたの都合に合わせて変えることはできません。

他人を壊れた機械だと思う

誰かに嫌なことを言われた時は、相手のことを壊れた機械だと思うようにします。

人間の精神活動の源である脳が何かの理由で不具合を起こし、その人物に攻撃的な態度をとらせていると思えば腹を立てたり傷ついたりすることはありません。

他者意識を持つこと

他者意識とは「自分と他人は別の存在である」という意識のことです。テレビを見ているといろんなタレントが登場しますが、彼らは一人ひとり別の人間です 。それと同じようにあなたも他の人とは違う人間(存在)なのです。

日頃からこのような意識を持つようにすれば、他人の言動を客観的に捉えることができ多少のことでは一喜一憂しなくなります。

他人の考えや感情に共感し、共に泣いたり笑ったりすることも大切ですが、「自分と他人は別の人間である」という事実を忘れないようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク