どうしても好きになれない人への対処法

社会生活を送っていると、自分とはどうしても合わず、好きになれない人もいると思います。

そのような人と付き合うにはどうすれば良いでしょうか。

どうしても合わない人はいる

「相手が何も悪くないことは知っている。それでも生理的に受け付けることができず近くにいると不快で仕方ない。そんなこと思う自分は悪い人間ではないか」と考えるかもしれません。

しかし、誰にでも「合わない人」はいるものです。そのため自分を責める必要はありません。

好きになる必要はない

世の中にはさまざまな人がいます。性格も生まれ育った環境も千差万別です。そのためすべての人を好きになることはできません。

嫌いなら嫌いで良いのです。自分と合わない人がいるなら、深くかかわらず事務的に接してその場をやり過ごすようにしましょう。相手の良いところを見つける必要はありません。

関係を断ち切る

どうしても相手のことが我慢できない場合は関係を断ち切るようにします。

世界には70億の人間がいて日本だけでも1億2千万人の人間がいます。それだけ人がいれば生理的に受け付けない人と関わらなくてもなんとか生きて行けます。

子供の頃、親や教師から「みんなと仲良くするように」と教えられてきましたが、そのようなことは現実的に不可能です。自分と合わない人間とはそれなりの付き合いをして気の合う仲間と有意義な時間を過ごしましょう。

シェアする

スポンサーリンク