見た目や経歴で判断された時の対処法

人との付き合いで見た目や経歴から偏見を持たれることがあります。

そんなとき馬鹿にされたような気持ちになり怒りが湧いてきますが、どうすればその気持ちを静めることができるでしょうか。

人間は超能力者ではない

占い師がよく使う宣伝文句に「黙って座ればピタリと当たる」がありますが、現実でそのようなことができる人はいません。人間は超能力者ではないので相手が何を考えているかなどわかるはずがないのです。

親しくなればある程度予測を立てることはできます。しかし、初対面の相手がどういう人物かは見た目や経歴で判断するしかありません。「この人は私のことをわかっていない」などと怒っても仕方ないのです。

相手の偏見を利用する

他人に理解されないこと怒るのではなく、逆に利用しましょう。

馬子にも衣装という言葉があるように、能力の低い人間でも身なりを整えれば周囲から一目置かれるようになります。スーツを着ただけで賢そうに見えるのはそのためです。

また、経歴詐称にならない経歴を実際よりも「盛る」ことで優位性をアピールすることもできます。例えば今まで1人の相手としか付き合ったことがないのに恋愛経験が豊富であるように振る舞えばあなたに対する周囲の態度が変わります。

ただしこの方法は一時的なものなので これから深く関わろうとする相手には使わない方が良いと思います。第一印象が良くても、やがてメッキが剥がれあなたに対する評価が下がるからです。

「本当の自分」を理解してもらうには

相手に本当の自分(少なくとも自分ではそう思っている自分)を理解してもらいたいのであれば自分に関する情報を積極的に伝える必要があります。

「出身地はどこか」「今まで何をしてきたか」「趣味や特技は何か」「政治経済についてどのような考えを持っているか」など自分に関することをアピールすれば、理解が深まり良好な関係を築けるようになります。

他人と関わる以上、偏見は避けられません。その事実を認め適切な行動をとるようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク