屁理屈ばかりいう人の対処法

世の中には自分がしたくない仕事から逃れるために屁理屈を言う人がいます。そのような人と関わらないのが一番ですが家庭や職場なのでどうしても付き合わなければならないことがあります。

では屁理屈ばかりいう人とどのように付き合えば良いでしょうか。

理屈で対抗する

まずは理屈で対抗します。「あなたの言っていることは本当に妥当なのか」と問いただし自分の主張の根拠を示して相手を説得します。大抵の人はこれで納得し行動を起こしてくれます。

おだてる

理屈が通じない相手には「おだて」が有効です。「あなたのアイデアは独創的で素晴らしい。自分には思いつかなかった。」などと褒めれば相手は良い気持ちになりあなたの言うことを聞くかもしれません。ただし、褒めることで増長する人もいるので留意が必要です。

弱い立場に追い込む

理屈もおだても通用しない場合には 圧力で対抗します。「上司に報告する」「仲間外れにする」などとそれとなくほのめかすことで相手を不安な気持ちにさせこちらの要求を通しやすくします。

関係を断ち切る

理屈もおだても追い込みも通用しない場合は、相手との関係が断ち切ります。我慢をして付き合うことで短期的には得をするかもしれませんが、長期的に見れば損をすることになるので早い段階で関係を断ち切るようにします。

屁理屈が言えるのは頭の回転の速い証拠ですが、使い方を間違えれば周囲との関係を悪化させる恐れがあるため屁理屈を言うのはほどほどにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク