世の中は結果が全てか

「世の中は結果が全て」と考える人がいます。一方で「過程が大事だ」と考える人もいます。

どちらが正しいのでしょうか。

仕事は結果が全て

仕事は「結果が全て」です。どれだけ努力をしようと結果が出なければ意味がありません。お金は手に入りませんし、誰からも認めてもらえません。

どれだけ優秀な人でも百戦百勝はできないのだから努力も認められるべきだと考える人もいますが、そのようなことを言っても仕方ありません。結果を出さなければ意味がないのです。

仕事で誰かに認めてもらいたいのであれば、失敗から学んだ経験を生かして成果を出すための努力をすべきでしょう。

人生は過程が全て

一方で人生は「過程が全て」です。世の中には仕事の論理を人生に当てはめようとする人がいますがそれは間違いです。なぜなら人生の結果とは「死」だからです。

誰であろうと人間である以上いつかは「死」を迎えます。それまでにどれだけ有意義な時間を過ごすことができたかが大切なのです。

人生全体からみれば仕事の結果など大した意味はありません。そのため「仕事ができない自分はダメな人間だ」などと考えず、どうすれば有意義な時間が過ごせるか考えましょう。

シェアする

スポンサーリンク