他人からなめられた時の対処法

職場や学校などで新しい対人関係を築こうとしたとき、他人から馬鹿にされ軽んじられることがあります。

そのような時どのように対処すれば良いでしょうか

外見に気を使う

相手に関する情報が少ないとき、人は外見の影響を受けます。例えば、痩せている人よりも筋肉質の男性の方が馬鹿にされにくいですし、童顔よりも老け顔の方が信頼されることが多いです。

これは身につけている物にも言えます。高級ブランドの服を上手く着こなしている人はファストファッションの服をだらしなく着ている人より一目置かれます。

堂々とした態度をとる

外見の次に重要なのが態度です。大声を出す必要はありませんが、聞き取りやすいしっかりとした声で話し、自信がありげに振る舞うことで、周囲の反応が違ってきます。

逆に何を言っているのか分からないようなボソボソ声で話し、目を合わせずいつも下ばかり見ている人は他人から馬鹿にされる傾向があります。

論理的に話す

外見に気を使い、堂々とした態度が取れるようになったら、次は話し方を工夫します。自分の考えを理路整然と語ることができる人は周囲から尊敬され一目置かれます。

逆に何かある度に感情的になり支離滅裂な発言をする人は馬鹿にされる傾向があります。それだけでなく面倒臭い人と思われ誰も関わり合いになろうとはしません。

相手の力になる

何か困ったことがあったとき、力になることで信頼を得ることができます。

相手の心の中で「あの人は困っている時に自分を助けてくれた」「今まで馬鹿にしていたけれどこれからは敬意をもって接することにしよう」という考えが芽生えあなたに対する態度が変わります。

全ての人に好かれようとしない

他人の顔色ばかり伺っていると、他人はあなたの不安を敏感に感じ取り傲慢な態度で接するようになります。

世の中には様々な人がいて価値観も考え方も人それぞれです。その事実を認めすべての人から好かれようとするのはやめましょう。

仲間を作る

他人になめられないためには仲間を作ることも重要です。自分が属する集団内で多くの仲間を作れば自分の意見を通しやすくなります。(集団の圧力)

例えば、いわゆるオタクと言われる人達はいじめの標的にされることがありますが、オタク同士で団結すれば、いじめる側は反撃を恐れて手を出すことはできません。

他人になめられないためには相手に畏怖の念(恐れと敬い)を与える必要があります。

関連

職場に馴染む方法

シェアする

スポンサーリンク