自信をなくしたときの対処法

世の中にとんでもなく優秀な人がいます。そのような人たちと自分を比べると自分がいかに無能であるかを思い知らされ自信をなくします。

失った自信を取り戻すにはどうすれば良いでしょうか。

自信とはなにか

自信を辞書で調べると「自分の才能・価値を信じること。自分自身を信じる心。」と定義されています。

つまり自信とは「理想の自分」と「現在の自分」のイメージが一致した状態を言います。自信の喪失はこの2つのイメージにズレが生じることで起きる感情です。

では自信をなくした人が自信を取り戻すにはどうすれば良いでしょうか。

時間の制約を受け入れる

世の中にはとんでもなく優秀な人がいると言いましたが、彼らが優秀なのには理由があります。それは子供の頃から努力を続けてきたからです。生まれ持った才能と言うのも確かにありますが、人間の能力は基本的に努力の量で決まります。

あなたの場合はどうでしょうか。彼らと同じ努力をしてきましたか?おそらくテレビやゲームで遊んでいたのではないでしょうか。そのような人間が優秀な人たちと張り合っても仕方ありません。努力をしてこなかった事実を認め高望みはするのはやめましょう。

身の丈に合った生き方をする

現在の仕事についていけないのであれば、あなたに合った仕事を探すべきです。自分の能力を棚卸して何か自分に適しているか分析するのです。「これならできる」と思うものが見つかればそれがあなたの天職になるかもしれません。

人と言うのは強欲なもので、誰もがスーパーマンのような存在になりたいと思っています。しかし、そのような人間は世界中探してもいません。現実を受け入れ身の丈に合った生き方をすれば幸せになれます。

最初はみんな素人です。何年も修行をして高い能力を身につけた人と張り合っても仕方ありません。自分は何がしたいのかということを明らかにして1つずつ課題を処理するようにすれば他人のことなど気にしなくなります。

シェアする

スポンサーリンク