ストレスとは何か

現代はストレス社会と言われます。勉強や仕事、対人関係の悩みなどから辛い思いをして「うつ状態」になる人もいるようです。

あなたは「ストレスとは何か」と聞かれて正しく答えらえるでしょうか。誰もがストレスを感じる世の中であるにもかかわらず、ストレスの定義について考える人はあまりいないようです。

ストレスの定義

ストレスの定義は以下のものになります。

精神緊張・心労・苦痛・寒冷・感染などごく普通にみられる刺激(ストレッサー)が原因で引き起こされる生体機能の変化。一般には,精神的肉体的に負担となる刺激や状況をいう。「―を解消する」

出典:スーパー大辞林

「ストレッサー」と「ストレス反応」

ストレスは「ストレッサー」と「ストレス反応」に分けられます。ストレッサーとは、ストレスの原因となる「刺激」のことです。ストレス反応とはストレッサーに対する「反応」を言います。

ストレス反応には個人差がある

ストレッサーに対する反応の仕方には個人差があります。例えば、誰かに批判されても何も感じず健康な状態を保てる人もいれば、ひどく落ち込んだり体調不良になる人もいます。この反応はそのときの心身の状態や個人の考え方によって変化します。

ストレッサーの種類

ストレッサーは、「身体的ストレス」と「精神的ストレス」に分けられます。

身体的ストレス

身体的ストレスとは、自分の肉体に直接受ける刺激のことを言います。主なストレッサーに「気温の変化 空気汚染 騒音 病気 怪我 睡眠不足 過剰な労働」などがあります。

精神的ストレス

精神的ストレスとは、心が刺激に反応して生み出される感情を伴った心の状態を言います。主なストレッサーに「イジメ 恋愛 職場の人間関係 結婚 離婚 将来への不安」などがあります。

ストレスの解消

ストレス解消とは脳のホメオスタシス(恒常性)を回復させることです。ホメオスタシスとは生体がさまざまな環境の変化に対応して、内部状態を一定に保って生存を維持する現象を言います。

つまりは身体を健康な状態に保つための脳の機能のことです。強いストレスを感じるとホメオスタシスが崩れてしまい心身にさまざまな異常が現れます。この異常を何らかの方法により回復させるのです。

シェアする

スポンサーリンク