遅刻癖を直すには何が必要か

仕事や学校、友達との約束などで遅刻をすることがあると思います。

どうしても遅刻癖が直らない場合どうすれば良いでしょうか。

遅刻癖を治す方法

事前の準備を怠らない

遅刻癖のある人の中には直前になって出発の準備を始める人がいます。このような事態を防ぐには約束の前日までに前もって準備をしておく必要があります。これは子供の頃から言われてきたことですが大人になってもできない人がいるようです。

整理整頓をする

遅刻をしてしまう理由の一つに整理整頓ができないことが挙げられます。その時必要とするものがどこにあるのかわからなくなり時間ギリギリまで探し物をするため遅刻してしまうのです。この問題は日頃から整理整頓を心がけることで解決します。

「1時間前」に行動する

誰かと会う約束をした時は、約束の時間よりも1時間早く行動するようにします。 1時間も早く行動するなんて無駄ではないかと思うかもしれませんが、その後の相手との付き合いを考えると結果的に得をします。今はテクノロジーが発達しているので空き時間にスマホなどを使って情報収集を行うと良いと思います。

二度寝をしない

遅刻をする理由には様々なものがありますが、その中でもやりがちなのが 二度寝です。予定していた起床時間よりも早い時間に目が覚めてしまうと「もう少し寝よう」と思うことがありますが、その誘惑に負けてはいけません。

二度寝をすれば高い確率で寝過ごします。その日は無理をしてでも少ない睡眠時間で過ごすようにしましょう。そうすることで生活のリズムが整い次の日から熟睡できるようになります。

ストレスを自覚する

遅刻癖が治らない原因の根本はストレスです。誰も職場や学校に好き好んで行きたいとは思っていないのでその心理的ストレスがあなたの行動を鈍らせているのです。

これが 旅行ならばどうでしょうか。どんなに疲れていても予定した時間よりも早く起き目的地に向けて出発すると思います。そのため遅刻癖が直らない時は自分が何にストレスを感じているか考える必要があります。

さいごに

完璧な人間はいません。たまには遅刻をしても良いと思いますが何度も繰り返せば人格を疑われ周囲の信頼を失うことになります。たかが遅刻だと思わず相手との約束は守るようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク