難しい言葉を使う人への対処法

世の中には難しい言葉(一部の人しか知らない専門用語)を使う人がいます。

このような人が近くにいるとコミュニケーションの妨げになり不快な思いをすることがあります。

難しい言葉を使う人にどのように対処すれば良いでしょうか。

難しい言葉を使う理由

当たり前だと思っている

環境が人を育てるという言葉があります。特定の業界に就職して、そこで専門用語を日常的に使っていると、誰もがその言葉を知っているという錯覚を起こします。そのため他の業界の人と話をするときに言葉が通じずトラブルになることがあります。

他人への配慮が足りない

自分の使っている言葉が専門用語であることを知りながら、「わからないなら自分で調べろ」と傲慢な態度で話しを続ける人がいます。このような人は学校の勉強ができても、コミュニケーション能力は幼児以下であるため関わらない方が身のためです。

頭が良さそうに見せたい

世の中には自分を利口に見せたいという気持ちから、使わなくても良い場面で専門用語を使う人がいます。このような人は頭の良さを褒めると喜びます。あなたに心の余裕があるときは「すごいね」と言ってあげましょう。

解決策

わからないことは聞く

会話の最中にわからない言葉が出てきた時は素直に尋ねるようにしましょう。意地悪な人でない限り丁寧に説明してくれると思います。そうすれば語彙が増え勉強になりますし、あなたが損をすることはありません。

それとなく注意する

時と場合を考えず専門用語を連発する人には、それとなく注意するようにしましょう。「自分はその分野について詳しくないからわかるように説明してくれないか」と言えば、相手も次回から専門用語を使わなくなります。

関係を断ち切る

それとなく注意をしても 専門用語を使うことをやめない場合は、相手と関係を断ち切るようにします。そのような人は他人に配慮ができないため付き合いを続けると大きなトラブルに巻き込まれる可能性があります。あなたにとって重要な人物でないなら関わらない方が賢明です。

さいごに

専門用語は複雑な考え方を一つの言葉で表現したものです。専門家同士であればコミュニケーションにかかる負担を軽くすることができます。

しかし、相手が専門外の人間である場合は避けた方が良いと思います。そうすることで他人と良好な関係を築くことができます。

シェアする

スポンサーリンク