「時間制限」で集中力を高める

人生は有限であり1日は24時間しかありません。その制約の中で最大限の成果を出すには集中力の維持が欠かせません。

しかし中には勉強や仕事で集中力が続かなくて困っているという人もいるかと思います。

今回は集中力を高める方法の1つである「時間制限」を紹介します。

時間制限とは

時間制限とは、文字通り課題の処理にかける時間を「制限する」ことです。つまりは締め切りを設定し限られた時間内で目標を達成することを言います。忙しい人ほど時間を使うのがうまいと言いますが、これは時間制限の効果です。

例えば、受験まであと1ヶ月しかないとします。しかし、志望校に合格するには今の成績では無理です。そこで、受験までの1ヶ月間にかつてないほどの集中力を発揮させ勉強をします。不合格に対する恐怖が集中力を高めたわけです。

また、時間制限は判断を効率化させます。課題を期限までに何がなんでも処理しなければならないため、思考の無駄が省かれます。しかしこのような強い集中は持続しないので、疲れを感じたときは休憩するようにしましょう。

シェアする

スポンサーリンク