「散歩」をしてストレスを解消する

現代はストレス社会と言われます。勉強や仕事、対人関係の悩みなどから辛い思いをして「うつ状態」になる人もいるようです。

ストレスを解消する方法には、さまざまなものがありますが今回はその方法の一つである「散歩」を紹介します。

散歩とは

散歩とは、特別の目的をもたずに、気の向くままに歩くことを言います。歩くことで心臓や肺が活発に動き筋肉に負荷が加わることで血流が良くなります。その結果、疲労物質が分解され健康な体を維持できます。

また、散歩にはダイエット効果もあります。歩くことで足腰の筋肉が鍛えられ基礎代謝が上がり痩せやすい体になります。その結果、寝ているだけでエネルギーが消費されスリムな体型になります。

歩くことで無心になれる

散歩には瞑想効果があります。何も考えずひたすら歩くことで、思考や感情から離れることができ疲れた脳を休めることができます。その結果、脳のホメオスタシス(恒常性)の働きが促され体調が良くなり心が落ち着きます。

さいごに

散歩はマラソンよりも負荷の低い運動なので、心臓や筋肉に負担をかけることなく無理なく行うことができます。最近、運動不足だと感じているなら毎日の生活に取り入れてみてはどうでしょうか。

シェアする

スポンサーリンク