「作業興奮」で集中力を高める

人生は有限であり1日は24時間しかありません。その制約の中で最大限の成果を出すには集中力の維持が欠かせません。

しかし中には勉強や仕事で集中力が続かなくて困っているという人もいるかと思います。

今回は集中力を高める方法の1つである「作業興奮」を紹介します。

作業興奮とは

作業興奮とは、精神科医のエミール・クレペリンが提唱する集中力を高めるための方法です。最初は面倒だと感じていた仕事でも無理やり始めてしまえば次第に意欲が湧き、目の前の課題に集中できるようになる現象を言います。

例えば、部屋の掃除です。シーツや下着など汚れ物がたまり、床にはゴミが散乱しているような状態だと掃除が面倒になって「今日は疲れているからやめておこう」という気持ちになります。

そのとき逃げ出したい気持ちを少し我慢して、洗濯機に汚れ物と洗剤を入れボタンを押すと今度は床のゴミを片付けたくなり、トイレや風呂掃除、最後は換気扇まで洗いたくなります。これが作業興奮です。

作業興奮を利用すればほとんどの問題は解決します。あれこれ悩んでストレスをためるより、簡単な課題から処理すれば予想していたよりも早く目標を達成することができます。

シェアする

スポンサーリンク