上手にずる休みをする方法

「今日はなんとなく会社に行きたくない」「友達に会いたくない」と思うことがあります。

そのようなとき、うまく約束を断るにはどうすれば良いでしょうか。

ずる休みの言い訳

風邪を引いた

風邪を引いたという言い訳は定番中の定番です。 会社や友人に電話をして今にも死にそうな声で「昨日から熱が出て体がだるい」と伝えれば、ほぼ確実に休むことができます。

インフルエンザである

この言い訳をする時には注意が必要です。インフルエンザにかかったと言えば病院の診断書を求められるだけでなく、1週間ほど休まなければならないので、非常にリスクの高い言い訳になります。

ひどい頭痛がする

頭痛持ちの人は頭痛を訴えても良いかもしれません。「偏頭痛がひどくて動くことができない。少し寝ればよくなることもあるので今日は休ませて欲しい」と言えば相手は嫌な顔をするかもしれませんが、それくらい我慢しろとは言わないと思います。

ぎっくり腰になった

腰痛持ちの人にはこの言い訳が有効です。ぎっくり腰になれば寝返りを打つことさえ辛くなるので仕事どころではなくなります。電話の相手が腰痛持ちであれば共感してくれるでしょう。

子供が病気になった

小さな子供はよく病気になります。仕事と子育ての両立が辛くなった時は 子供を病気にして休むようにしましょう。ただし、会社内に親しい人がいる場合この言い訳は危険です。病気だと言っていたのに元気に学校に通っていることがバレたら信用をなくしてしまいます。

学校の用事がある

子供の病気にすることに抵抗を感じるなら「学校の用事で休まなければならない」と伝えてみてはどうでしょうか。これなら 知り合いにあなたの子供を見られても会社を休んだ言い訳になります。

急ぎの仕事が入った

これは友人や家族との約束をすっぽかす時に有効な言い訳です。 友人も働いているわけですから仕事だから仕方ないと一定の理解を示してくれると思います。

あなたがずる休みをしたからといって社会が回らないわけではありません。賢い人は日々の暮らしに疲れたとき何らかの理由をつけてずる休みをしています。

真面目であることも大切ですが、頑張りすぎると心も体も病んでしまうため適当に生きることが大切です。

シェアする

スポンサーリンク