仕事

仕事

盗作の定義について考える

  盗作の定義を辞書で調べると「他人の作品の全部または一部を、そのまま自分のものとして無断で使うこと。また、その作品。」という説明が出てくる(デジタル大辞泉) これは著作権のルールに違反していなければ、他人が発信した情報を自由に利用しても構...
仕事

無から有を見出せる人間はいない

創作をする人、または創作された作品を鑑賞する人の中には、創作行為に対して神秘的なイメージを持つ人がいる。その中の一つが「無から有を生み出す」というものがある。 創作行為に神秘的なイメージを持つ人は「創作に関して特殊な能力を持つ人は、他人の...
仕事

クリエイターを苦しめる2つの評価とその対処法

創造的な仕事をしている人(クリエイター)を苦しめる評価がある。それは「つまらない」と「何かに似ている」だ。 「つまらない」という評価には、価値観には個人差があるという事実を認めることで対処する。人間の価値観に個人差がある以上、誰であろうとす...
仕事

仕事の能力と個人の人格を区別する

  社会には「仕事の能力」と「個人の人格」を同一視する人がいる。どの集団にもそういう人が必ず一人はいて、仕事がうまくできない人の人格を否定する。 彼らの行為は間違いである。なぜなら、社会には仕事ができるクズもいれば、仕事ができない善良な人も...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました