feel-think

未分類

引用の要件を整理する

他人の著作物を権利者の許可を得ず掲載できることを引用という。ここでは引用の要件を自分の備忘録として記録する。 引用の要件 公表された著作物であること 引用を行う「必然性」があること カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっ...
仕事

盗作の定義について考える

  盗作の定義を辞書で調べると「他人の作品の全部または一部を、そのまま自分のものとして無断で使うこと。また、その作品。」という説明が出てくる(デジタル大辞泉) これは著作権のルールに違反していなければ、他人が発信した情報を自由に利用しても構...
対人関係

個性とは他のものとの「差」である

  個性とは何かと問われたら、私は「他のものとの差である」と答える。 社会には他人と同じであることを嫌い個性的であろうとする人がいるが、私はその人に「諦めろ」と言いたい。なぜなら、80億の人口の中で個性を発揮することなど不可能だからだ。あり...
仕事

無から有を見出せる人間はいない

創作をする人、または創作された作品を鑑賞する人の中には、創作行為に対して神秘的なイメージを持つ人がいる。その中の一つが「無から有を生み出す」というものがある。 創作行為に神秘的なイメージを持つ人は「創作に関して特殊な能力を持つ人は、他人の...
仕事

クリエイターを苦しめる2つの評価とその対処法

創造的な仕事をしている人(クリエイター)を苦しめる評価がある。それは「つまらない」と「何かに似ている」だ。 「つまらない」という評価には、価値観には個人差があるという事実を認めることで対処する。人間の価値観に個人差がある以上、誰であろうとす...
問題解決

雑念が浮かんだときの対処法

  何かに集中しなければならないときに、頭の中でさまざまな考えが浮かぶことがある。これを雑念というが、雑念を消して作業に集中するためにはどうすれば良いか。 私が考えたのは「メモに雑念を捨てる」という方法だ。目の前の作業に関係のないことが頭に...
国語

自分の文章に違和感を覚えたときの対処法

  文章を書いていると自分の文章に違和感を覚えることがある。 このような状態に陥ったとき、私は自分の中で生じた違和感を無視することにしている。なぜなら、いくら考えたところで答えはでないからだ。 以前の私は自分の文章に違和感を覚える度に、考え...
国語

ブログで情報の体系化はできない

私はブログを使って自分が知っていることや考えたことをすべて書こうと思っている。できれば発信した情報を体系化したい。 しかし、ブログで作成したページは日記のように時系列で並ぶため、関連するページをつなげて整理することができない。この問題を解...
国語

長文なんて誰も読まない

  ネット界隈にはWebコンサルタントと称する人がいて、ユーザーの注目を集める文章の書き方というものを教えている。 私も文章の書き方に悩んだ時期にブロクや書籍などで彼らが発信する情報を読んだことがあるがあまり役には立たなかった。 その中でも...
国語

自分が読みたいものを書けば間違いない

  文章を書くからには良い文書が書きたい、読者に「読んでよかった」と思ってもらいたいと思う。 では、読者から「読んでよかった」と思ってもらう文章を書くにはどうすれ良いか。最も簡単な方法は「自分が読みたい文章」を書くことだ。 誰にでも読みたい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました