自分が読みたいものを書けば間違いない

 

文章を書くからには良い文書が書きたい、読者に「読んでよかった」と思ってもらいたいと思う。

では、読者から「読んでよかった」と思ってもらう文章を書くにはどうすれ良いか。最も簡単な方法は「自分が読みたい文章」を書くことだ。

誰にでも読みたい文章がある。その文章を余計なことを考えず素直に書けば、自分と価値観が似ている人が楽しんでくれる。

多くの人の需要を満たすには、マーケティングの手法を用いる必要があるが、とりあえずは自分が読みたいものを書いておけば間違いない。

自分が読みたいものだけなく、自分が書きたいものを書いても同じ効果が得られるのではないかと考える人もいるだろう。私も考えたが、それはやめておいた方が良さそうだ。なぜなら読者の立場に立っていないからだ。

自分が書きたいものを書くと、誰の需要も満たさない独りよがりな文章を書くことになる。芸術家気取りの作家が書く小難しい小説などはその典型だ。

自分の作品を客観視し一読者として楽しめるものでなければ、誰の需要も満たせない。

タイトルとURLをコピーしました