自分の文章に違和感を覚えたときの対処法

 

文章を書いていると自分の文章に違和感を覚えることがある。

このような状態に陥ったとき、私は自分の中で生じた違和感を無視することにしている。なぜなら、いくら考えたところで答えはでないからだ。

以前の私は自分の文章に違和感を覚える度に、考え込んでいた。時間をかけてしっかり考えれば答えが見つかると思っていたからだ。しかし、どれだけ考えても答えが見つかることはなかった。

酷いときにはストレスで過呼吸のようになり、書くこと自体が嫌になることさえあった。

私は文章の違和感を無視するようになってから気づいたことがある。それは違和感を覚えた文章をしばらく放置し読み直してみると違和感が消えることだ。

違和感が消えた理由は不明だが、消えたのであればそれで良い。おそらくは一時の気の迷いだったのだろう。

もしあなたが文章の違和感に苦しんでいるなら、試しに無視をしてみてはどうか。

タイトルとURLをコピーしました