価値観には個人差と個人内差がある

 

価値観と言う言葉は漠然と使われることが多い。そのため、ここでは価値観の定義をはっきりさせる。

価値と価値観

価値とは対象となるものが自分にとってどの程度、役に立つかという度合いをいい、価値観とは価値をどのように判断するかの基準をいう。

価値観の「個人差」と「個人内差」

個人差とは文字通り個人の差である。ある人は赤い色が好きでも別の人は嫌いというのがその典型である。すべての人が同じ価値観を持っているわけではない。

個人内差とは1人の人間の中で生じる価値観の変化である。今まで好きだったものが嫌いになった、逆に嫌いだったものが好きになったという場合をいう。

価値観の利用

価値観の違いを理解することは、他者との良好な関係に役立つ。

例えば、社会には自分が好きなもの(アイドルや漫画など)について否定的なことを言われると、自分を否定されたような気持ちになり怒りだす人がいる。価値観には個人差があることを理解すれば、他人からの否定に冷静に対処できる。

価値観の理解はビジネス行う際にも役立つ。ビジネスの基本は取引相手の需要を満たすことであるため、交渉相手がどのようなことに価値を認めているかを理解すれば、交渉をスムーズに進めることができる。

価値観の理解は社会生活を送る上で必要不可欠なものである。

タイトルとURLをコピーしました